[本の要約]ディズニーCEO ロバート・アイガーが実践する10の原則

投稿者:

このブログを見ていただきありがとうございます。

今回はロバート・アイガー著 ディズニーCEOが実践する10の原則についてまとめていきたいと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ディズニーCEO ロバート・アイガーが実践する10の原則

1.前向きであること

優れたリーダーに共通する大切な特徴のひとつは,前向きさ,熱意を持って高い目標に取り組むことができるということ.
難しい選択を迫られた時や,理想的な結果が出ない時でも,前向きなリーダーはただ悲観ばかりに囚われることはない.悲観的なリーダーは人々をやる気にさせることも,チームを活気づけることも,できない

2.勇気をもつこと

勇気がなければリスクは取れない.変化と競争の激しい業界では,リスクテイクは必須であり,イノベーションは欠かせない.そして真のイノベーションは,人々が勇気を持った時に初めて生み出される.買収にも,投資にも,資産配分にも勇気が必要で,クリエイティブな判断では特にそうである.失敗を恐れると創造性は破壊される

3.集中すること

最も重要で価値の高い戦略,問題やプロジェクトに,時間と労力とリソースを注ぎ込むことは極めて大切.またその優先順位をはっきりと頻繁に周囲に伝えることが欠かせない

4.決断すること

どれほど難しい決断であっても,必要以上に遅らせてはいけない.リーダーは多様な意見を尊重しながらも,タイムリーに決断を下し実行する必要がある.
リーダーが優柔不断だと,仕事がまず何も進まず,何も生み出せなくなってしまうばかりか,チームのやる気が失わせてしまう.

5.好奇心を持つこと

心の奥深くに強い好奇心があると,それが新しい人や場所や考え方との出会いにつながり,市場とその変化に対する気づきと理解をもたらしてくれる.
イノベーションのきっかけは好奇心である.

6.公平であること

強いリーダーは誰とでも公平に丁寧に接する.他者に共感できなければリーダーは務まらない.また,リーダーは近寄りやすい存在であることも大切.努力の甲斐なく失敗してしまった部下には挽回のチャンスを与えるべきだ.リーダーが厳しすぎるとチームに恐れと不安が充満し,風通しが悪くなってイノベーションが止まってしまう.恐れの文化は組織をダメにする.

7.思慮深いこと

優れたリーダーの特徴の中で,あまり評価されないのが思慮深さだ.思慮深さとは,知識を身につけるプロセスである.思慮深いリーダーの意見や判断は信頼できるし,正しいことが多い.つまり,思慮深さとは時間をかけ,情報を集めた上で意見を形成したり判断を下すことにほかならない.

8.自然体であること

ありのままの自分でいよう.正直でいよう.自分以外の誰かのふりをしてはいけない.敬意と信頼は,嘘のないリーダーによって育まれる.

9.常に最高を追及する

最高を追及するということは,どんな犠牲を払ってでも完璧を求めるのとは違う.凡庸なものを受け入れず,「ほどほど」で妥協しないことだ.改善の余地があると思ったら,もっといいものにするために力を注ごう.ものを作る仕事であれば,最高の作品を目指そう.

10.誠実であること

組織の中で,人やプロダクトに対して公平であり誠実であることは,何よりも大切.大きなことにも小さなことにも倫理的に高い基準を設けられるかどうかが,組織の成功を左右する.言い換えると,小さなことをないがしろにすると,すべてがダメになるということ.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォローといいねをして頂けると嬉しいです。
下のアイコンからお願いします。

皆さまにお願い

この記事は、皆さまが自由に記事の金額が決められるPay What You Want 方式をとっています

価値を感じたら下のボタンをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。