<時間をかけて物事をなすべし>[本の要約] 藤田田著 ビジネス脳のつくりかた 1.時間を金に変える方法

投稿者:

このブログを見ていただきありがとうございます。

今回は藤田田著 ビジネス脳のつくりかたについて書いていきます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ノウハウ」とは「時間の使い方」だ

1日は24時間しかない。その限られた時間をいかに有効に使うかで大きな差がでてくる。

その中で働く時間8時間は、無駄にはできない。その8時間をいかに有効に使うかが「ノウハウ」なのである。

最近の人の生活リズムはバラバラである。世の中には昼から働いている人もいれば、夜から働きはじめる人もいる。そういった人たちをうまく活用すると、自分が8時間働いたあとで、昼から働く人や、夜から働く人にバトンタッチして、1日24時間をフルに活用することができるのである。

自分だけがいかに頑張ってみても1日24時間働くことを1年間続けることは不可能だが、他人の時間をうまく使えば、それも可能になる。

人生を生きていく上では、いろんな世界の友達をつくっていく必要がある。いろんな分野のプロフェッショナルを友達にしていくべきである。

そういうふうに360度の友達を持つべきである。

360度の友達をもち、金銭を度外視して情報を集められる触覚みたいなものをもつこと、それが、時間を有効に使うコツである。

プロフェッショナルな人たちは、それぞれの分野で時間の有効な使い方を心得ている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4次元の発想をもってくれば勝つ

3次元では不可能なことでも、4次元の世界にいけば可能になる。つまり、3次元の世界に4次元の発想をもってくると、これまでとは違った新しい考えがでてくる。

私たちの物の考え方は非常に断面的だと言える。縦、横、高さの発想である。

物は時間とともに刻々と変化している。そこをとらえなければならない。時間というものは、それほど大切なものである。

時間不足時代に突入している現在、あそこにいけば、時間を節約できるというものを開発すれば、客は殺到する。

3次元の発想で行き詰まったら、4次元の発想で突破しよう。それが成功の秘訣である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時間をかければ大きな仕事ができる

時間をお金に変える方法というと、短時間に成功する方法を考えるのではないだろうか。

しかし、そんなうまい方法がそうザラに転がっているわけではない。

短時間に大きいことをやろうとあせるよりも、時間をかけて大きいことを成すべきである。

克己心を養うことはお金には変えられないものである。

現代はスピード時代だと言われる。しかし、時間をかける、という発想もまた、若い人にはとくに大切にしてほしいと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォローといいねをして頂けると嬉しいです。
下のアイコンからお願いします。

皆さまにお願い

この記事は、皆さまが自由に記事の金額が決められるPay What You Want 方式をとっています

価値を感じたら下のボタンをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。