〈効率的に仕事も人生もこなしていく〉ハイディ・グラント・ハルバーソン著 やる気が上がる8つのスイッチ

投稿者:

このブログを見ていただきありがとうございます。

今回はハイディ・グラント・ハルバーソン著やる気が上がる8つのスイッチについてまとめていきます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8つのタイプと3つの軸

人を8つのタイプがある.それぞれ特有のパターンがあり,好き嫌いのパターンもある.
8つのタイプ
・中二病
・うざいやつ
・臆病者
・退屈な人
・やる気の空回り
・まじめな見習い
・新星
・熟練の匠

この8つのタイプは
・マインドセット
・フォーカス
・自信の有無

の3つの軸を変数として様々な現れ方をしている.これを把握しておけば,それぞれのタイプがさらにやる気になり,効率的に仕事も人生もこなしていくにはどうすればいいのかもわかるようになる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2つのマインドセット「証明」を求めるよりも「成長」を目指そう

マインドセットとは,考え方の癖,あるいは,思考傾向のこと
人には2種類のマインドセットがある
・証明マインドセット
・成長マインドセット

証明マインドセット
証明マインドセットをもつ人は,人に自分の能力を見せつけ,認めさせようとしている
特徴として
・自分と他人をいつも比べている
・助けを求めるということもあまりやりたがらない
困難にぶつかったとき
・不安に押しつぶされてしまう
・あきらめてしまう
このマインドをもつ人は課題や目標に囚われすぎていて,そこに至るまでの道筋やプロセスを楽しむ余裕がない.また,本当に意味のある挑戦を自ら避けてしまう傾向がある

成長マインドセット
このマインドセットをもつ人は,自分が向上することに焦点を当てている.新しいことを学ぶ,そして時間と共に向上していく,それらが重要だと思っている
特徴として
・困難に直面したときも粘り強く頑張り続ける

私たちは固定的にどちらかのマインドセットを持つわけではない.ただ言えるのは明かに「成長マインドセット」をもつことが有利に働くということ.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やる気のフォーカス「獲得」か「回避」かを知って強みにする

獲得フォーカス・・人の賞賛を得ることに動機づけられる
回避フォーカス・・人の批判を避けることに動機づけられる

獲得フォーカスの人
・やる気は情熱であり,何かに向かって突き進むもの
・その情熱は肯定的なフィードバックやうまくいったという確信や賞賛によってさらに高められる
・リスクに対して挑戦する
・実験的にかつ抽象的に考えるのが得意
・スピード重視

回避フォーカスの人
・やる気は自衛的なもの.どこかに危険がないかいつも気にしている
・自衛の力は,否定的なフィードバック自省,批判などによりさらに強まる
・リスクに対して避けるもの
・分析的・個別的・具体的な議論を好む
・正確さを重視

自分と相手のフォーカスを理解して,それぞれが最高の力を発揮できるようにしていく.それこそが最も大切なこと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自信は必須の要素

自信は目標を達成するためには必須の要素
目標を達成するために必要な力を自分が持っていると信じているとき,あなたは自己効力感をもっていると言える.
自己効力感と成功の相関係数は0.34となっている
自己効力感は4つの要素によって成り立っている
・成功体験 特に難しいと感じられた目標や課題をやり遂げた経験は自己効力感を大きくする
・他者の体験から学ぶ 他者のたいけんを追体験していきます.特に,困難だったのはどこか,逆にどこは比較的に容易にできたかといったことを知ることが役立つ
・他者からの保証や警告 「あなたなら必ずできるよ」とか「そんなことをしてはだめだよ」というような言葉を他者からもらうと言うこと.
・その時々の私たちの気分 その時々で不安や苛立ちは人間誰でもある.ただし,気分の影響は自分の成功体験や他者の体験によって培った自信に比べれば小さいもの

ポジティブ・シンキングについて
ポジティブ・シンキングするだけで,そのための準備を何もせずに待っても,目標には到達できない.
目標を達成するために乗り越えるべき障害を考え,自分にはそれを乗り越える力があると信じて対応策を検討する人のほうが,成功する可能性はかなり高い
自信は困難から背けることでは得られない.
起こり得る問題を見据えて大替案を持つちいったネガティブに見えるようなことも,高い自己効力感を持つ人は自然にやっている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やる気から見た8つのタイプ

それぞれのタイプには3つの軸
1.マインドセット
2.フォーカス
3.自信

タイプ1 中二病
1.証明マインドセット
2.獲得フォーカス
3.自信はなく不安定
・いつも引っ込みがちで憂鬱な感じを漂わせている
・努力をしない.最小の投資で最大のゲインを得ようとする
・明かに自分の能力に自信が持てない
・自分自身を失敗に導いている
・たまにやる気を見せることもあるが,すぐに萎む

タイプ2 うざいやつ
1.証明マインドセット
2.獲得フォーカス
3.自信はある
・自慢が多く,いつも注目されたい
・批判を聞く耳を持たず,失敗を隠す
・すぐに飛びつく
・向こう見ずである
・仲間といつも競い合っている

タイプ3 臆病者
1.証明マインドセット
2.回避フォーカス
3.自信はなく不安定
・周囲と壁を作り,いつも不安に駆られている
・プレッシャーに押しつぶされそうになっていて,予期せぬ事態に弱い
・新しい仕事には拒絶反応を示す
・自分を守ろうとする意識が強い
・ミスを犯すのを何よりも恐れている

タイプ4 退屈な人
1.証明マインドセット
2.回避フォーカス
3.自信はある
・静かな自信を持ち,いつも注意深い
・自分の得意なことしかやらない
・変化には強く抵抗する
・ミスを犯すことをとても気にしている
・物事のやり方に対しては非常に頑固

タイプ5 やる気の空回り
1.成長マインドセット
2.獲得フォーカス
3.自信はなく不安定
・意欲に満ちている
・遂行能力は低いが学びたいという情熱がある
・楽天的で自分には成功する能力があると思っている
・多くのことを引き受けすぎる
・認められることによって伸びる
・困難に建設的に対処しようとする

タイプ6 まじめな見習い
1.成長マインドセット
2.回避フォーカス
3.自信はなく不安定
・自分なりの美学を持ち,やるべきことに集中する
・遂行能力に欠けているが,学んで熟達する覚悟がある
・守りに強いネガティブ・シンカー
・学ぶのは得意だが行動に移すのは苦手
・真摯なフィードバックによって伸びる
・困難に建設的に対処する

タイプ7 新星
1.成長マインドセット
2.獲得フォーカス
3.自信はある
・エネルギッシュで楽天的
・壁にぶつかるほど力が湧き出る
・アイデアの宝庫であり革新的である
・取るべきリスクを恐れない

タイプ8 熟練の匠
1.成長マインドセット
2.回避フォーカス
3.自信はある
・責任感が強く信頼できる.いて欲しい時にいてくれる
・常に第二第三の矢を持って事に臨む
・ミスがない
・揺るがない専門性を持つ
・自分の周囲もともに高めようとする

タイプ1中二病,タイプ2うざいやつ,タイプ5やる気の空回りはタイプ7の新星を目指す

タイプ3臆病者,タイプ4退屈な人,タイプ6まじめな見習いはタイプ8の熟練の匠を目指す

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すべてのタイプに共通する処方箋

証明マインドセットから成長マインドセットにするために

第一段階
証明マインドセットを持っていたら,それを成長マインドセットに変えるようにする

・目標を考える時には「成長」を意識したものにする
・if-thenプランニングをする
・期待値を変えてみる 能力があれば,何でもすぐにうまくいくという考え方を捨てる
・他の人と比べない
・根気よく続ける

他人のマインドセットをシフトするには
・ゴールとプロセスを成長マインドセットを使って設定する
・ミスをしても大丈夫だと伝える
・成長マインドセットのロールモデルを示す
・正しいフィードバックをする
正しいフィードバックをするために
・物事があまり好ましくない方向に進んでいるときには,それを正直に伝える
・物事がうまくいかない時でも自分を信じることを教える
・たとえうまくいっても能力を褒めるのは避けるべき

必要なスキルと自信を身につける

第二段階
必要なスキルを身につける.スキルとともに自信をつけるようにする. フォーカスそれぞれに学習の仕方とスピードは異なっているので,注意する

スキルを身につける
・獲得フォーカスの人はオンザジョブトレーニングを好む
・回避フォーカスの人は実際に取り掛かる前に入念な準備が必要
自信をつける
自己効力感は成功する力が自分の中にあると確信する力.
準備や粘り強さなど自分が変えられることのできるものが足りなかった場合なら,次はうまくやれると思える.
成功を自分の手の届くところに置く心の習慣を作る.大切なのは成功や失敗の原因を自分がコントロールできるものにすること.

力を発揮する場を作る

第三段階
それぞれのフォーカスを理解して,それに合ったやり方でさらなる成長を目指す.
フォーカスによって,最も力を発揮しやすい状況を整える
この段階には終わりがない.常に自分やその人のフォーカスに合った環境を作っていくことがやる気の継続につながる

獲得フォーカスの人が力を発揮する場を作るには
・よく褒めてポジティブで楽天的な環境を整える
・目標をはっきりと持たせる
・アイデアを自由に出させる
・彼らは何でも早く片付けたいと思っていることを忘れない
・大きなビジョンを描く
・決断するときにはプラス面を考えさせる

回避フォーカスの人が力を発揮する場を作るには
・建設的な批判と悲観主義でアプローチする
・何を得るかより何を避けるべきかをはっきりさせる
・出させたアイデアを分析し,評価してもらう
・じっくりと仕事に取り組めるようにする
・具体的な指示を与える
・決断するときにはマイナス面を考えさせる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォローといいねをして頂けると嬉しいです。
下のアイコンからお願いします。

皆さまにお願い

この記事は、皆さまが自由に記事の金額が決められるPay What You Want 方式をとっています

価値を感じたら下のボタンをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。