〈習慣を使いこなす〉[チャールズ・デュヒッグ著 習慣の力から学ぶ] 4.要の習慣 キーストーンハビット

投稿者:

このブログを見ていただきありがとうございます。

今回はチャールズ・デュヒッグ著 習慣の力から学んでいきたいと思います

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

要の習慣 キーストーンハビット

1つの習慣を変えれば、それが連鎖反応を起こして他の習慣も変わっていく。そのような力があります。

つまり、習慣の中にも、ビジネスや生活をつくり直すために、特に重要なものがあるということである。それが要になる習慣、キーストーン・ハビットです。

それが変わると仕事、食事、遊び、生活、消費、コミュニケーションなどあらゆるものに影響を与える

キーストーン・ハビットという考え方によれば、成功の秘訣はすべてのことを完璧に行うことではなく、いくつかカギとなるものを見つけて、それを強力な梃子にすることにある

習慣を使いこなすには、どこから始めればいいのだろうか?

その問いの答えは、キーストーン・ハビットを理解することにある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1番重要な習慣とは、それを変えれば、他のパターンを取り除いたり、つくり替えたりできる習慣である。

毎日の日課に運動を組み込む影響について

定期的に運動を始めると、それがたとえ週に1回といった少ない回数でも、他の運動とは関係のない部分も、知らないうちに変わっていく。代表的なのが、運動を始めると食生活が向上し、さらに職場での生産性も上がるという現象。

なぜそうなるのかは、はっきりとはわかっていない。

しかし多くの人にとって、運動というキーストーン・ハビットが引き金となり、幅広い変化が引き起こされたと考えられる。

毎朝ベッドメイキングをする人ほど、生産性が高く、より幸福感を感じ、買い物の時の予算をきちんと守る。

キーストーン・ハビットを変える、あるいはさらに進歩させることに専念すれば、他にも幅広い変化を起こせる。

ただしそのような習慣を見せつけるのは、それほど簡単ではない。どこを探せばいいのか知っておく必要がある。

キーストーン・ハビットが与えてくれるのは、「小さな勝利(積み重ね)」と呼ばれるものだ。それは新たな習慣をつくるを助け、その変化が周囲に伝わっていくと、そこに文化が生まれる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小さな勝利

「小さな勝利」とは、キーストーン・ハビットが幅広い変化を起こすプロセスの一部である。小さな勝利には驚くほどの力がある。

「小さな勝利は、小さな強みを着実に積み重ねていくものだ。小さな成功を収めると、また別の小さな成功を得ようとする力が発動する」小さな成功は、ささやかな成功をパターン化させることで大きな変化を起こし、さらに大きな成功にもう少しで手が届くと思わせる。

また、「小さな勝利は、連続してまとまった形にはならないが、それぞれの一歩が前もって決めた目標に近づいていくための目に見えるステップとなる」

キーストーン・ハビットがもたらす幅広い変化は、「新たな価値観が埋め込まれた文化を生み出すこと」である。そのような習慣があれば、困難な選択が楽になる。

文化はどんな組織でも、リーダーが気づいていようと、いまいと、キーストーン・ハビットから生まれる。

成功するには文化を生み出すキーストーン・ハビットが必要である。それは「気の合った友人たちと毎日集まって話す」といったことでもいい。それが困難を乗り越える力を見いだす役に立つ。

その習慣が私たちを変えられるのは、難しい意思決定を迫られたり、不安に揺れたりしているとき、普段意識していない価値観を明らかにする文化を生み出してくれるからである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォローといいねをして頂けると嬉しいです。
下のアイコンからお願いします。

皆さまにお願い

この記事は、皆さまが自由に記事の金額が決められるPay What You Want 方式をとっています

価値を感じたら下のボタンをクリックして、価値に見合った金額をお支払い下さい。